Japan Crime Prevention Center

日本犯罪予防センターについて

  • HOME »
  • 日本犯罪予防センターについて

一般社団法人日本犯罪予防センターは、日本から犯罪をなくすことをミッションに活動する組織です。

日本で犯罪は減少傾向にありますが、いまだその数は非常に多いのが現状です。

我々は「加害者を減らす」という観点から、一般市民の犯罪加害者及び加害衝動に対しての理解の向上を目的とした活動を中心に行っています。

 

平成29年度版の犯罪白書によると、平成28年に刑法犯により検挙された者のうち、再犯者率は48.7%という結果でした。

〈刑法犯 検挙人員中の再犯者人員・再犯者率の推移〉

(平成29年版犯罪白書より)

グラフを見ると、初犯に比べ、再犯での検挙者はほぼ横ばいになっていることが分かります。

この事実から、加害者を減らすためには

①初犯に至る加害者の加害衝動を抑制すること

②再犯を防ぐために、加害者を適切な形で社会復帰させること

の二軸が必要だと言えます。

 

①について現在行われている対策は、被害者側の防犯意識の向上、犯罪を起こさせない環境づくりが中心になっています。勿論、この対策に意味がないということはありません。しかしながら、これらはあくまでも周辺的な対策に過ぎず、「加害衝動」という根本的な問題にはアプローチできていません。

我々は加害衝動という根本的な問題に対してアプローチするために、一般人向けの「加害衝動診断」の作成を予定しています。

誰しも加害衝動の種を持っていることを自覚してもらい、自制を促したり、加害者になってしまう前に専門家に相談できるような環境を構築していきます。

 

また、②の再犯者の社会復帰についても我々は真剣に対策を考えていきます。

一度犯罪に手を染めた人間が、社会生活に戻ることは容易ではありません。受け入れる側である世間一般の人々は、犯罪者を受け入れることに大きな心理的抵抗があります。しかし海外の研究によれば、犯罪者を社会復帰させ、地域コミュニティの中で更生を促すことが再犯防止に有効であると報告されています。このような研究結果を世間に広めていくこと、そして実現に向けた環境づくりの一助となるように情報を発信していきます。

 

我々は上記のような活動を通じて、加害者の削減に寄与し、皆が安心して暮らせる社会を作っていきます。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 日本犯罪予防センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.